« DO NOT BREAK MY MIND | トップページ | 和ごころ »

2006年2月15日 (水)

ハッピィヴァレンタイン!

   ってわけでね、

バレンタインに乗じて今日は久々に

クサイ話でもしますよ。えぇ。

ノっちゃうよ!

腹痛も去ったしね!!笑

         

今日はじゃぁねぇ・・あたしの名前について。

苗字じゃないよ、名前ね。

まぁ別に漢字出しても

あたしには取られるものも特にないので、

平気だと思います。

      

嘉津」と書いて、かづ、と読むんですよ。

で、あたしは小さい頃からずーっと

教会に行っててですね(プロテスタントでぃす)。

ある日、幼稚科のクラスで(確か北海道の教会かな)

自分の名前の意味について両親に聞いて来い

って言うお題が出たわけですよ。(笑

まぁ名前に意味を持つ日本人らしいお題だよね。

さて、そこで幼稚園かづちゃんは

お母さんに聞きました。

ねぇお母さん、あたしの名前の意味ってどういう意味?

嘉津の意味はね、嘉は縁起のいい画数、

 それに「良いもの」って言う意味があるのよ。

 津は港って言う意味。

 お船は港に集まるでしょう?

 嘉津の所にたくさんいいものが集まってきますように、

 ってつけたのよ。」

と、けぃこお母さんは優しく答えてくれたのでした。

でも幼稚園かづちゃんは多分

正直意味分かってなかったんじゃないかな。笑

だって縁起が良い、とかよく分からなかったからね。

      

そして時は過ぎ、、、

小学校1年生になりました。

あたしはその頃から自分の名前にコンプレックスを

そうとは知らずに感じていたみたい。

小学校4年生の時北海道から引っ越したんだけど、

その時に皆にメッセージを書いてもらった冊子をもらったのです。

そこに、一人の男子からこうメッセージが・・・・↓↓

かづちゃんは、ぼくが小学校にはいって、

 はじめてはなしかけてくれた友だちでした。

 その時にかづちゃんは

 『あたしかづっていうのよ、へんな名前でしょ』

 といったのでぼくは思わず『うん』と言ってしまいました

ぼくは思わず『うん』と言った、とか

その辺はどうでもいいんだけど、

確かにあたしも覚えてます。

そういう風に自己紹介をしたことを。

(開き直ってんじゃん・・・笑)

   

               

いつからだろう、

自分の名前をはっきり嫌だと思い始めたのは。

きっかけはいっぱいあると思う、

   

周りの女の子は皆可愛い名前で

「まなつ」「あいこ」「あやの」「しずか」・・・

「かづ」なんて男の子の名前っぽい名前が

知らないうちから好きではなかったのかもしれない。

       

はっきり気付いたのは多分小2。

あたしははじめて美容院で髪を切った。

いえ、そりゃもうばっさりと。

それまでは長かった髪の毛が

マジで男の子に見紛うがごとく短くなりました。

そして、その帰り道、

あたしの男友達が

「男女(おとこおんな)ーーーーーー!!!」

といって走り去っていきました。笑

今なら笑って許せますけど、

幼少のあたしは酷く傷つきました。

(ちなみにその翌日男の子は謝りに来ました)

       

公園で遊んでいたら

(小学校時代のあたしは

 それはそれは男の子顔負けの性格で

 〔今もそうだとか言わないでね☆〕

 常に半袖短パン、毎日外で遊びまわってました)

おばあさんが思い荷物を持っていたので、

運ぶのを手伝ってあげたのです。

そしたら、そのおばあさんは

「ありがとねぇ、ぼく。お名前はなんていうの?」

まぁ見かけも男の子、

髪の毛も短くなっちゃったからしょうがないよ。

あたしは「かづです」って答えました。

それでもまだなおおばあさんは

「いいお名前ねぇ、ありがとねぇぼく。」

繰り返し言って去っていきました。

あたしは男じゃないのに・・・・・・。

       

お姉の名前にはお母さんの名前の漢字が入っています。

それが昔は羨ましくてしょうがなくって、

「何であたしの名前にお母さんの漢字入ってないの?」

なーんて訊いた事もありますよ。

あたしだけ愛情をもらっていないような気がしてね。

子供ってもんは目に見えるものがほしいものなんです。

もちろん両親はたくさんあたしに愛をくれています。

でもなかなか気がつけないものなんですよね。

     

名前に対してのコンプレックスは

小学校をかけあがるほど大きくなっていった。

2回も引っ越して、その度に知らない人に自己紹介。

特に生徒全員の前で言う自己紹介が大嫌いだった。

いつしか、あたしは自己紹介をするときに

苗字しか言わなくなりました・・・。

特に子供同士の自己紹介では決して。。

恥ずかしかったんだ、名前を言うのが。

        

         

自分の名前の意味がどうであろうと

もっと可愛い名前をつけてくれたらよかったのに・・・

思春期のあたしは更に強く思うようになりました。。

           

     

中学3年になった。

あたしは逆に自分の苗字がちょっとイヤになりました。。

だから皆にかづって呼んでね、ってふれまわったんだけど、

やっぱ小学校から同じメンツだから

ちょっと無理でした・・・・。笑

何故か自分の名前が嫌いじゃなくなってたの。

      

高校1年生。

ホームドラマ的な雰囲気のうちの担任の先生は

自己紹介ビデオを撮るといいました。

(好きだよねぇ・・・・笑)

あたしは名前で呼んでほしかったので

「男女とも皆かづって呼んでください☆」

ってばっちりアピールしたよ。

そのおかげで今高校では

あまり仲良くなってない人、男子以外は

皆、かづ~wって親しみを込めて呼んでくれます☆

     

留学出発する2・3ヶ月くらい前だったと思う、

あたしはふと気がついてお母さんに質問した、

あたしの名前ってもしかしてお父さんの名前入ってるん?」

「そうよ」

お母さんはあっけなく答えました。

そう、お父さんの名前は「秀和」、ひでかず、と読むの。

高校生かづちゃんはちょっと嬉しくなりました。

なーんだ、あたしもちゃんと愛もらってんじゃん♪

昔だって、今だって、

変わらない、同じだけの愛情を

常に降り注いでくれているんです、親っていうのは。

どんだけ憎いほどの子供でも、

諦めないで愛情を注ぎ続けてくれるのがあたしの両親なんです。

        

        

確かにあたしの名前は

男の子に間違えられる名前だし、

名前負けしないくらいあたしも男っぽいです。

股広げて座るしね・・・笑

でもあたしの名前は他にないくらい良い名前なんです!

良きものがたくさん集まってくる港

素敵な名前じゃない?

     

自分の名前が嫌いな人、

自分の名前の意味考えてみようよ。

素敵な名前だって思えるから!

|

« DO NOT BREAK MY MIND | トップページ | 和ごころ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3478/717048

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピィヴァレンタイン!:

« DO NOT BREAK MY MIND | トップページ | 和ごころ »